2016.02.26 Friday

USB3.0インターフェースボード

こちらはPCI EXPRESSにセットするUSB3.0インターフェースボードです。
チップセットはルネサス(NEC)のμPD720202です。パッケージにはμPD720200って書いてます。



μPD72020xを使ったボードは色んな会社が製造しています。
中でもUNITEK社のボードは作りがしっかりしていますので、カスタム品を作って販売したいなと思ってストックしておいたのです。が、ストックしていたことすら忘れていました。
あるお客さまとのやりとりがきっかけで思いだし「そういえば自宅の押入れの奥に・・・」と探していたら出てきました。

この手のボードはペリフェラル4PINの外部電源が接続できるようになっています。そこにノイズ対策のフィルタを入れ、低ESRのコンデンサに換装したり、出力部は高音質なパーツでローパスフィルタを組むと手軽に音質改善が図れます。

残り2つ在庫がありますので、ご希望の方はメールにてお問い合わせくださいませ。

2016.02.04 Thursday

1周年記念

おかげさまでJS PC Audioは1周年を迎えることができました。
そこで一周年記念モデルの限定販売企画を検討中です。


※画像はイメージです

仕様はほぼ決定していますが、販売数や販売価格はまだ未定です。
ただ、一番重要なパーツが海外製かつ大量生産されていないものなので入荷次第出荷(予約販売)という形をとるかもしれません。

2月中旬に発表する予定で進めておりますので、どうぞお楽しみに。
2016.01.08 Friday

2016年もよろしくお願いいたします

JS PC Audioは1月6日より営業を開始いたしました。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
元日は実家の仏壇(祖父がいます)の前で去年の報告をして、今年の決意を新たにしてきました。

昨年末はSE1-USBの受注数が予想を遥かに上回り、とんでもないことになってしまいましたが、なんとか乗り切りました。
SE1-USBに使っている部材、特にマグネシウムの板材は量産されていないものなので、今後安定して供給できるかどうかしっかり考えておかなければいけません。


さて、ここで2016年の1Qでやりたいこと、考えていることをざざっと書き連ねておきます。

1)電源製品の刷新
2)SE1-USB専用接続ケーブル開発
3)SE1のUSB簡略モデルリリース
4)RCAケーブル、デジタルケーブルリリース

電源製品はグレードを分けてリリースしたく思っていまして、まだ調整中です。
2)のSE1-USBの専用ケーブルですが、ケーブルによって変化があることは分かっております。今後線材や構造を考えながら検証してゆくつもりです。
オンラインショップ会員のみなさまにはメールでご案内いたしておりますが、システムエンハンサーのUSBフィルター回路をなくし簡略化したモデルを今月下旬あたりにリリースを予定いたしております。
RCA、XLR、BNCなど、ご希望のケーブルとのセット販売となりそうです。
4)のケーブルは高額なものは考えてません。ポピュラーな線材を使ったお求めやすいものを販売したく考えています。


今年もみなさまに応援していただけるよう、謙虚にして奢らず更なる努力を続けてまいります。
2015.12.30 Wednesday

大変お世話になりました

29日より冬期休暇をいただくことを公言したものの、なんだかんだで事務所に出ております。

早いもので2015年も残すところ僅か。
今年は6月のケガ、7月の手術とお客さま方にご迷惑をお掛けしたこともありました。
手術後、自分の事も少し考えようと土日祝は休みとさせていただいておりますが、焦燥感ばかりが先行して休日も仕事漬けでしたので、来年はライフワークバランスを見直してゆこうと思います。
プライベートが充実していないといい仕事できないですよね。


現在の事務所はこのような感じです。あれから物が増えて雰囲気がガラリと変わりました。
商品数が増えると部品在庫も増えますのでこの通りモノでパンパンです。
広い物件を探さなきゃかなぁと考えています。


感謝の気持ちをもって大掃除してお供えです。

皆さまのおかげでJS PC Audioは新年を迎えることができます。心より感謝申し上げます。
どうぞ良い新年をお迎えくださいませ。
2015.10.02 Friday

FX-AUDIO FX202J 修理


事務所でBGM用に使用しているFX-AUDIO FX202Jです。
買ったばかりなのに右チャンネルから音が出なくなるので、修理です。

ちなみにTripath社のTA2020を使った小型のデジタルアンプです。


こちらが使用したリレー(ZY-TRB112-R)。

これが初期不良が起きているリレー。

四角い黄色の部品です。


はんだは融点が低いものが使われていたので、交換は楽ちんです。

このアンプは事務所を借りると同時に買ったのですが、届いた初日から右チャンネルのリレーの接触不良がおきていまして、たまに左チャンネルのみになってしまうという状態でした。
入院や受注などで販売店に申し出るのが遅れてしまい、保証期間を過ぎていて対応できないとのことだったんです。

そんなやり取りの中で販売店からのメールで、気になる文言が。

「まずアンプ本体と電源だけを繋いだ状態で、電源スイッチのON/OFFを10回程度繰り返してみてください。なお電源スイッチをONにした場合はスイッチを押して数秒経ってからアンプ内部で「カチッ」という音が聞こえますので、その音が聞こえてからOFFにして下さい。続きまして、電源を切っている状態でじゅうたん等の床に傷がつかない場所でアンプ本体を10cm程度の高さから落とすことを2回ほど繰り返してください。最後に再度音源、スピーカーを繋いで試聴テストを行ってください。」

リレーの接点を一時的に回復させようというのは理解できますが・・・。
まぁ・・・その、あれですね・・・。

昔、自動車のリレーの接点を磨いたりして修理してたことを思い出します。

そういう訳で今回の交換に至った訳ですが、とてもいい勉強になりました。
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト

スタッフMの「なんちゃってオーディオ女子」
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode