2015.11.03 Tuesday

CAT7オリジナルLANケーブルのレビュー(3)

前回に続き、以前モニター募集を行ったCAT7 オリジナルLANケーブルのレビューです。

 
試聴環境
NAS:QNAP TS119
LINN AKURATE DS/K 〜 JS PC Audio NH10間
 
音質(現行機材(SAEC SLA-500 0.7m)との比較)
A)SN比・・・良好(現行機材と同等)
B)音場の変化(左右への広がり)・・・良好(現行機材と同等)
C)定位(ボーカル)・・・良好(現行機材と同等)
D)ボリューム変化・・・若干減少
E)音程変化・・・変化無し
F)解放感・・・若干減少
G)精細感・・・極小音量時に減少
H)力感(アタック感)・・・増加

使用感
本製品の最大のデメリットとして、線材が硬すぎます。
特に「ねじり」がまったくできないので、当方のシステムにおいては、スイッチングハブ(NH10)を逆さに設置せざるをえなくなりました。
他のLANケーブル等が比較的柔らかかったため、ハブを逆さに設置することで、試聴は可能でしたが、他のケーブルの硬度如何では、試聴すら不可能となるところです。
特にネットオーディオ、PCオーディオにおいては、LANケーブルと接続するハブやルーターなどは非常に軽量なため、このような線材の硬いケーブルを使用すると、「浮き」が発生します。
よって、この製品をそのまま製品化する場合には、
‘鍛蹐燃胴愼者のLAN端子の挿入方向を指定していただき、各端子の向きを使用機材の向きに合わせ製作する
∪宿閉垢20〜30cm余裕を持たせたものを推奨する。
必要があります。
未対応ですと、機材に接続できないか、最悪の場合、機材のLAN端子を破損させる事態が危惧されます。

その他
「デザイン」については、端子・被覆材とも高級感あふれる仕様で、好感がもてます。

まとめ
音質については良好です。「力感」に特徴があります。特にウィークポイントもありません。
線材が超硬のため、機材との接続に問題が発生します。
LANケーブル(オーディオアクセサリー)とオーディオ本体の関係が逆転しているように感じます。「高級路線で特注オーダー対応品」としての可能性を感じます。


レビューありがとうございます。
やはり取り回しについてのご指摘をいただきました。このケーブルはねじることが出来ないので、販売の際は同じ向きの仕様と逆転仕様の2タイプをお選びいただけるようにする必要があるようです。
オリジナルLANケーブルのリリースは2015年11月中旬あたりを予定いたしております。
2015.11.02 Monday

CAT7オリジナルLANケーブルのレビュー(2)

先日の試作品のモニター募集でいただきましたレビューのご紹介です。

 
使用場所:LINN Akurate DS/K/2→DELA N1A
 LANケーブル比較商品   オヤイデ IS-707RJ(プラグは貴社と同じテレガードナー社製)

試聴感想
ボーカルは全体に艶が増し、のびやかで心地良い。
シンバルをスティックで叩いた時の音が分散すること無く響きながら広がる。
アルトサックスはざらつく事なく艶のある音色となる。
上記はオヤイデ製と比較した時の感想です。
貴社のNH10を購入した際、ルーターからLAN接続は全てオヤイデ製にして満足していましたが、モニターさせて頂いたケーブルと比較すると明らかに貴社のケーブルの方が優れているようです。
ただ取り回しは非常に悪く狭い場所の機器接続は大変でした。うまく表現できませんがなかなかの出来だと考えます。
製品化された時購入を検討したいと考えます。


レビューありがとうございます。
オリジナルLANケーブルのリリースは2015年11月中旬あたりを予定いたしております。
2015.11.01 Sunday

CAT7オリジナルLANケーブルのレビュー(1)

先日の試作品のモニター募集でいただきましたレビューのご紹介です。

 
スピーカー:SP JBL S9800SE
アンプ:ボルダー865 (オルトフォン リファレンス8NX XLR)
接続:アライドシステムFS708XL〜Linn AKURATE DS/K間
比較対象:オーディオクエスト forest 1.5m
 
CAT7 LANケーブルありがとうございました。
封をあけるといかにもオーディオケーブルといった感じで好感が持てました。
ただし、オーディオケーブルにありがちな取り回しに苦労します。少し長い目がいいと思います。

視聴について
ダイアナ・クラール THE NIGHT WE CALLED IT A DAYのイントロのバイオリンの響き・声については、少しですが空間が広くなったように感じました。
ノラ・ジョーンズのsunrise 24bit/96Hzでも同様でした。
しかしX JAPAN WORLD BEST Dahlia 、U2 WHERE THE STREET HAS NO NAMEについては、音の分離が改善し、妻もリアルに
なったと申しています。音の数が多い音楽には、シールドの影響か特によい結果が見られるように思います。

比較対象がともにCAT7のため劇的な変化が見られなかったのではないかと思います。しかし、ケーブルをグレードアップしたときのような音質の変化が見られました。

最後に自宅のLANケーブルはJS PC AUDIO様に変更となりました。
非常によい経験ありがとうございました。


レビューありがとうございます。
ご指摘にある通り、頑丈なシールドによってケーブルの仕上げ外径は太く、特にコネクターから10cmあたりまでの所は曲がりにくいため、余裕を持った設置がいいように思います。
オリジナルLANケーブルのリリースは2015年11月中旬あたりを予定いたしております。
2015.06.02 Tuesday

NLI10LTDの反響


限定販売のLANアイソレーターNLI10LTDの出荷から1週間が経過しました。


製品も馴染んだところで数名のお客様から感想をいただいたのですが、意外だったのはどのお客様も他社製品をお持ちで、それとの比較をなさっていたことです。
私たちも試作時に「これなら世界一になれる」と確信して販売に踏み切りましたが、お客様ご自身の耳で比較されてお喜びいただけるのは本当に感無量です。

以下、お客様からのメールの転載です。

---
週末が思いのほか忙しく遅くなってしまいましたが一応軽くレビューなんかを。
先週届いて取り付けまして、いきなりしびれました。
他の方もおっしゃってるんじゃないかと思うのですが今回のはスゴスギですね。
高音が〜とか低音の厚みが〜とかではなく実在感がものすごく出てきました。
出音をきいた瞬間の感想が「やった!よかった!ありがとう!」という感じでしたのでわれながら興奮していたと思います。
いままで追い求めていた音はこれだったのかも?というくらいでした。おおげさではなく。

いろいろなシステムのセッティングやコンディションの波の中でたま〜に出会えるおいしい音が「普通」にでてきます。
なんというか音にはひとそれぞれ反応する感動成分みたいなものがあると思うのですがそれが出まくりです。
楽器や声のひだまで聞き取れるくらいでライブ版等は会場の空気そのまま持ってきているような錯覚をおぼえます。
ネット見ながらとかの「ながら聴き」はもう無理で(音楽に意識をもっていかれすぎて見ている物をうまく認識できません。ほっとくとずーっと聴きいってしまいます。

ただこれが私のシステムが到達した段階なのかNLI10LTDがすごすぎるのかをハッキリさせないとと思いもう一度アコリバのRLI-1GBに戻して聞き比べてみました。(存在するかわかりませんがRLI-1GBのギガビット対応によるハンデ?は考慮していません)

結果はなんていうか物が違いすぎて比較になりませんでした。
RLI-1GBも普通に音はよくなるんですが感動にはつながらないのに気づいてしまったのが大きくこれはセカンド行き決定だな〜と。
---

実はこの商品は売り切れてからも「もうないんですか?次回の予定はないんですか?」というお問い合わせが何件かありました。
今は同じ仕様での販売は計画にありません。

が、通常版のNLI10の改良については検討の余地があるかもしれません。
NH10の反響がありすぎてしばらくは手がつけられそうにないのですが、今後の検討項目の中ではプライオリティを上げて考えてゆきたいと思っています。


にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
2015.05.06 Wednesday

オリジナルUSBケーブル UOC1のレビュー

お客様からUOC1-1.0(1m)へのレビューをいただきましたので、ご紹介いたします。

こちらのお客様にはUFS10LTD(限定商品)、UFS10(旧製品)、DFS40、UT20など、多くの製品をお買い上げいただいています。

---
私がJS PC Audioさんの各種コンディショナーで一番感心させてもらっている点はすべての音域が痩せていない、むしろ豊かになっているという点です。
(いろんなメーカーのフィルターを試してきましたが特定の音域を不自然に強調・抑制していることが多かったので)
私はコンディショナーが積極的に音にキャラクターづけをすべきではないと思っていますのでその点でUFS20LTDは理想といえるものだと思っています。
今回のUSBケーブルでもその傾向を感じることができました。

ただ今回はコンディショナーの有無ではなくUSBケーブルを交換しての比較でしたので上記のものとはちょっと評価基準がかわります。
今回エイム電子のUA1-P010との比較となりましたがキャラクターが明確にちがったので非常におもしろい結果となりました。

UA1-P010はパルシャットを使ったシールドが売りとなっているとおり一聴してわかるくらいSN比が高くただ澄み切っている音だけを追求しているのならもうこれでいいかもと思えるものです。
ギターやピアノはいいがボーカルにざらつきを感じていまいちという私のシステムのいつもの音です。

UOC1につなぎかえるとこれはしてやられたと思ったのですがある意味UA1-P010と正反対のキャラクターで音域そのもののバランスで勝負してくるケーブルに感じられました。
私のシステムが長年苦手としてきたボーカルがざらつきなく自然に出てくるのがちょっとアリエナイといった感じです。
ここ10年以上ボーカルがいまいちなのはヘッドフォン(ATH-W5000)だけのせいだと思っていましたのでかなりの驚きです。
このボーカルのよさが定位からくるものか音域特性からくるものなのかの判別はつきませんでしたが

そのかわり常にすこしのってくる暖色感が緩み・ノイズ感に聞こえるときがあるのとピアノの芯の音のように寒色感を要求される音が弱く実在感に欠ける感じがしました。

今回の比較試聴を通して現時点での私のシステムの仕上がりを感じることができました。
正直こんなに違いを感じるとは思いませんでしたのでJS PC Audioさんの各種コンディショナー導入前とかなり変わったのを実感することができました。
---


ご感想をいただけるだけでとてもありがたいことだと思います。
こちらのお客様はファインメットをWeb検索なさっていて私たちのサイトに辿りつかれ、USB端子のメッキについて書いている部分をお読みになってご納得いただき、最初のご購入に踏み切られたそうです。
ちなみに、私のくだらない雑談にいつもお付き合いいただいています(笑)

さて、エイム電子のUA1-P010との比較とは恐れ多いのですが、概ね私たちが評価している通りのご感想をいただきました。
これをお読みになってピンと来られた方は是非一度UOC1をお試しください。


にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode