2019.12.06 Friday

HFS1155のリリースにあたって

 

先行予約をいただいたお客さま、誠にありがとうございました。

現在、初期ロットの出荷に向けて出荷準備を進めておりますのでもうしばらくお待ちください。

 

さて、HFS1155の音質について気になる方も多くいらっしゃるのではないかと思い、最終チェックを行いながら今回記事にしてみました。

 

前回のブログやオンラインショップの商品説明では音質について「ワンランク上」という表現をしていますが、今回のリリースをマイナーチェンジと言ってよかったものか些か後悔が残ります。

外観から言えばマイナーチェンジなのかもしれませんが、今回のモデルは少々飛躍しすぎたかなと感じるくらい良い音を出してくれています。

 

まずはS/N感で「これまでのものとは違うな」とお感じいただけることでしょう。

音階が掴みやすく心地よい低域、写実性に富んだ中高域、なんの抵抗もなく染み入る伸びのいい高域、どれをとってもツーランク以上の大幅なモデルチェンジと言っていい程の変化です。

 

温度感や艶があるのに、レスポンス良く歯切れのいい音像が描き出されるサウンドステージにどなたもご納得いただけると思います。

 

お買い上げくださったお客さま方の期待を裏切らない製品です。どうぞご期待くださいませ。

 

2019.11.12 Tuesday

オーディオ用スイッチングハブ 次期モデルについて

 

お待たせしているお客さまには大変ご迷惑をおかけいたしております。

次期モデルの仕様につきまして以下のように決定しましたので、お知らせいたします。

 

外観、基本スペックについては従来モデルから変わりはありませんが、次期モデルはネットワーク基板のバージョンアップ、クロック基板の回路の見直し(EMI対策、電源入力部のノイズ対策)を行うことで、従来モデルより更に落ち着いた上質なサウンドとなります。

 

オーディオ用スイッチングハブ HFS1155

小売希望価格:68,790円

オンラインショップ直販価格:62,700円

 

12月上旬〜中旬の販売を予定しておりますが、注文が込み合うことが予想されますため、前回同様、初回ロットは数量を限定して予約販売とさせていただきます。リリースの調整がつき次第予約受付を開始いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

 

※表示価格は税込

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今回のモデルについてHFS1150と同等で行くのか、見直しを図るのかあれこれ悩んだ結果、後者で決定しました。

製作する身としては、「ここをこうしておけばよかった」「次はここを変えたい」など後からどんどん沸いて出てくるもので、イニシャルも増え若干価格が上がりますが、より良いものを作ることにしました。

細かな部分の仕様決定が残っていますが、これから急ピッチで詰めていきます。

 

さて、開発が長引いていたリニア電源。ようやくゴールが見えてきました。

開発にあたって色んなICや回路を試したり製品を試聴してきました。今回は何でもしっかりドライブできるパワー感に拘っていますが、ギリギリのところを攻めるのはなかなか難しいものです。音色はパーツで自由に決められるのですが。

汎用で使うものですから、結局シンプルな回路へ原点回帰する方向で進めています。

 

(追記)

HFS1150ユーザー様へ

前モデルの発売より日が浅い中での新製品の発売となりましたため、HFS1150をお使いのお客さまにはHFS1155と同等のパフォーマンスを出せるアップグレードサービスを検討しております。

サービスの開始時期は2020年2月以降の予定ですが、ユーザー様の利益も充分に考慮した上で、少しでもお安く提供できるよう調整してまいりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

2018.05.17 Thursday

USBノイズストッパーキャップ

 

今回はAudioQuest社のUSBノイズストッパーキャップのご紹介です。

USBポートを使った音質改善アイテムはUSBターミネーターが主流ですが、USBポートが基板から離れている場合(特にPC)、ターミネーターでは音が鈍ったり、レスポンスが悪くなったりする場合があります。

またオーディオ機器のポートの場合はパネル面から大きく飛び出してしまいますから、美観を損ねてしまいます。

そこでこのキャップを試してみます。

 

試聴用PCのUSB2.0ポートに取り付けてみました。

 

aqのロゴがハッキリしていますが、落ち着いた色味と質感で、これぞオーディオアクセサリーといった感じです。

ホコリや汚れを防いでくれますし、何よりも金属製ということでノイズの飛びつきの抑制に期待が持てます。

 

音質の変化はほんのごく僅かにSNが上がった気がするという程度のもので、特に副作用のようなものは感じられませんが、お使いになる場合はホコリ・汚れ防止アイテムとしてお考えになられた方が良いかもしれません。

 

この「USBノイズストッパーキャップ」はオンラインショップにてお買い求めいただけます。

日本国内では販売されていない製品で、並行輸入品となりますので予めご了承くださいませ。

 

2018.03.05 Monday

Singxer SU-1 クロック(オシレーター)交換

 

Cristek CCHD-575を日本電波工業のNZ2520SDに交換するためのサイズ変換基板を製作しました。

 

この2カ所の他にXMOS IC付近にあるものも交換しますので、計3カ所の交換となります。

全域にかけて解像度が増し、滑らかさが感じられます。

劇的な変化とはいきませんが確かな効果はありますので、SU-1を少しでも良くしたい方にお勧めです。

ご希望の方はSU-1カスタマイズの商品ページよりご依頼いただけます。

 

非常に需要の少ないものを作ってしまいましたので、作業代金が少し割高になってしまいましたことはご容赦ください。

オシレーター交換のみも承っておりますので、ご希望の方はお申し付けくださいませ。

 

※2018/3/29追記 2018年モデル(DSD512対応版)は換装不可

2018.02.02 Friday

小型リニア電源 PSU-mini

 

本日5V用のAC-ACアダプターの試作品が届き、テストを始めました。

これがPSU-miniの全貌です。

グレードの位置づけとしましては、PSU-X1とPSU-R1のちょうど中間にあたります。

 

トランスのAC-ACアダプターから小型のアルミエンクロージャーに入り、DC出力となります。

電源基板はHFS1100と同じ超ローノイズICを使用したものがベースで、出力電圧は5Vと12Vの二種類、最大1Aとなります。

販売価格を下げるために一般的な平行線を使用したり、エンクロージャーはキャスト製を使用したりと虚飾を廃した地味な仕上りですが、中身はしっかりとしたオーディオ用リニア電源です。

 

(主な仕様)

・超ローノイズシリーズレギュレーター(TPS7A4700A)

・SBR(スーパー・バリア・レクティファイア)ダイオード

・導電性高分子タンタル固体電解コンデンサ、薄膜高分子積層コンデンサー、積層メタライズドPPSフィルムコンデンサなど高音質パーツを使用

 

(PSU-miniの用途)

・スイッチングハブ

・ルーター

・ONU(終端装置)モデムなど

・PC用カード(USB、NICなど)

・USBアイソレーター

・DAC、DDC(小型のもの)

・ヘッドフォンアンプ

・USBの外部給電

 

現在は12V版でSynology社のNAS DiskStarion DS115J(SSD)、5V版をUSB-029H2-RP(USBアイソレーター)でテストしていますが、いずれも非常に良い結果が出ています。

 

省スペースで高性能な電源をお探しの方、リリースまで今しばらくお待ちくださいませ。

 

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio twitter

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト

スタッフMの「なんちゃってオーディオ女子」
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode