<< USB製品分析 | main | USB端子の形状による不具合と対応 >>
2015.05.06 Wednesday

オリジナルUSBケーブル UOC1のレビュー

お客様からUOC1-1.0(1m)へのレビューをいただきましたので、ご紹介いたします。

こちらのお客様にはUFS10LTD(限定商品)、UFS10(旧製品)、DFS40、UT20など、多くの製品をお買い上げいただいています。

---
私がJS PC Audioさんの各種コンディショナーで一番感心させてもらっている点はすべての音域が痩せていない、むしろ豊かになっているという点です。
(いろんなメーカーのフィルターを試してきましたが特定の音域を不自然に強調・抑制していることが多かったので)
私はコンディショナーが積極的に音にキャラクターづけをすべきではないと思っていますのでその点でUFS20LTDは理想といえるものだと思っています。
今回のUSBケーブルでもその傾向を感じることができました。

ただ今回はコンディショナーの有無ではなくUSBケーブルを交換しての比較でしたので上記のものとはちょっと評価基準がかわります。
今回エイム電子のUA1-P010との比較となりましたがキャラクターが明確にちがったので非常におもしろい結果となりました。

UA1-P010はパルシャットを使ったシールドが売りとなっているとおり一聴してわかるくらいSN比が高くただ澄み切っている音だけを追求しているのならもうこれでいいかもと思えるものです。
ギターやピアノはいいがボーカルにざらつきを感じていまいちという私のシステムのいつもの音です。

UOC1につなぎかえるとこれはしてやられたと思ったのですがある意味UA1-P010と正反対のキャラクターで音域そのもののバランスで勝負してくるケーブルに感じられました。
私のシステムが長年苦手としてきたボーカルがざらつきなく自然に出てくるのがちょっとアリエナイといった感じです。
ここ10年以上ボーカルがいまいちなのはヘッドフォン(ATH-W5000)だけのせいだと思っていましたのでかなりの驚きです。
このボーカルのよさが定位からくるものか音域特性からくるものなのかの判別はつきませんでしたが

そのかわり常にすこしのってくる暖色感が緩み・ノイズ感に聞こえるときがあるのとピアノの芯の音のように寒色感を要求される音が弱く実在感に欠ける感じがしました。

今回の比較試聴を通して現時点での私のシステムの仕上がりを感じることができました。
正直こんなに違いを感じるとは思いませんでしたのでJS PC Audioさんの各種コンディショナー導入前とかなり変わったのを実感することができました。
---


ご感想をいただけるだけでとてもありがたいことだと思います。
こちらのお客様はファインメットをWeb検索なさっていて私たちのサイトに辿りつかれ、USB端子のメッキについて書いている部分をお読みになってご納得いただき、最初のご購入に踏み切られたそうです。
ちなみに、私のくだらない雑談にいつもお付き合いいただいています(笑)

さて、エイム電子のUA1-P010との比較とは恐れ多いのですが、概ね私たちが評価している通りのご感想をいただきました。
これをお読みになってピンと来られた方は是非一度UOC1をお試しください。


にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
コメント
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト

スタッフMの「なんちゃってオーディオ女子」
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode