<< HFS1000アップグレードのお知らせ | main | Net Audio vol.28 Winter >>
2017.10.05 Thursday

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(終)

 

前回までのまとめから。

 

・おすすめドライブはPIONEER BDR-S09J-X、コストパフォーマンスならLG GH24NSD1

・カスタマイズや周辺機器などを取り入れることでリッピングのクオリティを上げることが可能

 

そこで今回はもう少し手を加えてみます。

基板上のUSBコネクターを交換し、ファンを取り除いてみました。

 

USBコネクターは先日販売を開始したUSB-029H2-RPに使われている産業用のものです。

強く篏合するのでとても気に入り、AメスBメスともにたくさん仕入れました。

作業なさった経験のある方はお分かりかもしれませんが、基板のベタが多くコネクターの交換は少々骨の折れる作業です。

USB3.0は縦長のポートですから少し上が余りますが、これでケーブルをガッチリホールドしてくれます。

 

ファンを外すのは少々ためらいましたが、連続してリッピングしても筐体が熱くなることもありませんでしたので、撤去してみました。リッピングせずにアイドル状態で24時間放置してみたところ、全く問題ありません。

 

そこで検証開始です。

Ray Obiedo ‎– Zulaya  / 1995 Windham Hill Records ‎– WHCD 11162

track:2 Castille

 

このソースを前回の(7)の状態と比較です。

(7)UOC2(0.3m×2)+ ALC-X1 + SE2-BP + USB-029H2-RP + MATRIX X-Hi USB3.0 + クロック換装

 

僅かながら雑味が取れたような・・・。う〜んという感じです。

そこで電源ライン(12V/5V)にDCラインコンディショナーと同じような回路を入れてみると・・・

これで確かな変化を感じられるようになりました。

色味が増すといいますか、よりクッキリ実在感が増す傾向です。

 

とあるレーベルさまのご協力でジャズのマスター音源(スタジオで使われているデータなので今回は特別にです)を入手していたのですが、市販されている同じ音源のCDを同様にリッピングして比較試聴しても同列にあって違和感を感じることもありませんし、もうこれで充分だなと思いました。

そもそもマスターをこちら側で処理する際の問題がありますから、比較結果の信憑性は低いのですが・・・。

快くお引き受けいただいたレーベルさまには改めてお礼申し上げます。

 

 

さて、ここから更に

 

ローノイズで大容量のリニア電源を・・・

ファンが付いていた部分の鉄板を・・・

USB基板を囲うように銅板で・・・

内部配線を○○に・・・

 

など良くなる可能性を秘めたネタは尽きませんが個人的にはこれで満足してしまいましたし、これ以上コアなネタになると収集がつかなくなりますのでこの企画はここで一旦締めようかと思います。

 

再生にしろリッピングにしろノイズ対策(振動対策)は総力戦であり、ここだけやっていればいい結果が出るといった簡単なことではないのだなと改めて認識させられた企画でした。

 

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode