<< リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(2) | main | オーディオ用ネットワークの接続について >>
2017.09.20 Wednesday

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(3)

 

今回はリッピングの品質を改善できるのかどうかを検証してみました。

環境は以下のとおりです。

 

 -ハードウェア-

 マザーボード:ASUS P8B75M

 USBインターフェース:オンボード(USB2.0ポート)

 ドライブ:PIONEER BDR-S09J-X

 USBケーブル:JS PC Audio UOC2(50cm)

 電源ケーブル:付属品

 

 -ソフトウェア-

 PC:Windows10 Pro 64 / dbpoweramp

 ソース:Marion Meadows - The Cllected / 1999 BMG Entertainment B00000J6BK

 

今回はより分かりやすいものを選んでみました。1曲目のSouth Beachはこういうテストにはもってこいの曲です。

リッピング作業を始める前に、リッピングドライブとPCなどは最低でも作業の1時間前に電源を入れておくのがベターだと思われます(一連のテストではそのようにしています)。

 

 

(1)UOC2(0.5m)のみ

これだけ聴かされると特に何ら問題ないように思えますが・・。

 

(2)真鍮スパイクを装着

若干音の芯が強くなったかのような印象。

とても安価ですから改善の第一歩としておすすめです。

変化レベル★☆☆☆☆

 

(3)ALC-X1(ACラインコンディショナー)をプラス

UOC2(0.5m)+ ALC-X1

全域でメリハリがつき、伸びやかで輪郭がしっかりしてきます。

アイソレーショントランスなどを併用すると更に良い結果になるかもしれません。

変化レベル★★★☆☆

 

(4)SE2-BP(システムエンハンサー)をプラス

UOC2(0.5m)+ ALC-X1 + SE2-BP

S/N比の改善が認められ、コントラストが増しました。

他の仮想アースでも似たような効果が得られるかと思います。

変化レベル★★☆☆☆

 

(5)USB-029H2-RP(USBアイソレーター)をプラス

UOC2(0.3m×2)+ ALC-X1 + SE2-BP + USB-029H2-RP

うわずっていた部分が抑えられ、音に潤いが加わることでとても聴きやすくなります。

JCAT USBアイソレーターでも同様の効果が得られるかと思います。

今回の試聴で変化量が最も大きかったのはここでした。

変化レベル★★★★☆

 

(6)MATRIX X-Hi USB3.0カード経由にする

UOC2(0.3m×2)+ ALC-X1 + SE2-BP + USB-029H2-RP + MATRIX X-Hi USB3.0

音の骨格がそろい、より音離れが良くなりました。

JCAT USBカードFEMTOルネサスのチップを使用したUSB3.0ボードなどでも同様の効果が得られるかと思います。

変化レベル★★★☆☆

 

(7)RP-EC5-U3AIのクロックを換装する

UOC2(0.3m×2)+ ALC-X1 + SE2-BP + USB-029H2-RP + MATRIX X-Hi USB3.0 + クロック換装

より滑らかで美しい余韻が生まれ、僅かに音場も広がりました。

ここまで色々やってきましたが変化はしっかり聴き取れます。

変化レベル★★★☆☆

 

(番外編)ディスクをマーカーで塗ってみる

試しにやってみました。大事なCDですので正に断腸の思いです。

音は・・・。塗り方が悪かったのかもしれませんが・・・。

あちこち汚れるわ、トレイに色移りするわでいい事はひとつもありませんでした。

無水アルコールで落とすことはできますが、これはお勧めできません。

 

 

それでは最後にPLEXTOR Premium2U/JPB(終息品・以下P2U)と比較してみます。

環境はUOC2(0.3m×2)+ ALC-X1 + SE2-BP + USB-029H2-RPです。

 

ここは気になる方も多いかもしれません。

 

結果としては (7)>(6)>P2Uでした。

P2Uは張り出した中高域が印象的なのに対し、(7)は全域にわたってごく自然に目の前に展開されています。

前回感じたようにP2Uは少し硬質で音の骨格がやや不安定なイメージです。

 

それでは今回のまとめです。

・アクセサリーなどを使い環境を整えることで改善可能

・USBアイソレーターは効果が非常に高い

・クロックの高精度化は支配的

・CDに何かを塗るのは・・・

 

 

USBアイソレーター(USB-029H2-RP)は5Vのリニア電源などで電源を外部から供給することで更に音質は上がりますので、更にリッピングのクオリティを高めることができます。

以前の記事で申し上げたとおり USBアイソレーター(USB-029H2-R)は来月より取扱いを開始します。リッピングだけでなくPCやネットワークプレイヤーなどからDAC(DDC)などへの接続においても効果の高いアイテムです。

ご興味がおありの方、オンラインショップの準備が整うまで今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

(関連記事)

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(1)

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(2)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今回の内容を振り返ると、環境さえ整えれば前回登場したLGのGH24NSD1でも充分だなと感じます。

コストパフォーマンスで選ぶならLG GH24NSD1、クオリティを求めるならばPIONEER BDR-S09J-Xといったところでしょうか。

 

この企画もいよいよ大詰めに近づいてまいりました。

最後はどういう締め方にすればいいのか迷っていますが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode