<< Singxer SU-1 X-MOS DDC カスタマイズ(1) | main | リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(3) >>
2017.09.19 Tuesday

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(2)

 

今回はRP-EC5-U3AIへ現在販売されているドライブを組み込み、テストしてみます。

 

PIONEER BDR-209BK2(‎¥7,611〜¥12,744)

 


ASUS DRW-24D5MT(‎¥2,018〜¥2,746)

 


LG GH24NSD1(¥1,914 〜 ¥2,180)

 


LITEON iHAS324-17/A(¥1,975〜¥3,480)

 


PIONEER BDR-S09J-X(¥27,914〜¥29,800)

※()内は実勢価格 2017年9月上旬のもの

 

 -ハードウェア-

 マザーボード:ASUS P8B75M

 USBケーブル:JS PC Audio UOC2(50cm)

 電源ケーブル:付属品

 

 -ソフトウェア-

 PC:Windows10 Pro 64 / dbpoweramp

 音楽CD:Azure - 天野清継 / 1991 Victor Entertainment VICJ-90

 

 

前もって書かせていただきますが、今回のテストは先に挙げたドライブの中で「どれが最も高音質と感じられるか」という相対評価であり、データの正確性や再現性を保証するものではありません。

試聴方法につきましては、試聴に参加しないスタッフがファイル名にランダムに番号を割り振り、試聴するという形式を3回以上行いました。

採点はシンプルに「解像度」「音場」「定位」の3つのチェック項目に絞りました。

 

その結果は・・・

 

1 PIONEER BDR-S09J-X

2 LG GH24NSD1

3 PIONEER BDR-209BK2

 

という順番でした。PIONEER BDR-S09J-Xはラトックシステム社も推奨しているドライブということも頷けます。

が、次点のLG GH24NSD1は実勢価格¥1,914 〜 ¥2,180と非常に安く、コストパフォーマンスは素晴らしいです。

聴き比べにはDELLの一般的なデスクトップPC、ASUSのノートパソコンなども入れましたが、これはランキング外でした。

 

さて、ここでPLEXTOR Premium2U/JPB(終息品)でリッピングしたデータと比較。

一聴すると、PIONEER BDR-S09J-Xよりも若干粒立ちが良く華やかに感じますが、悪く言えばどこか硬質。

RP-EC5-U3AIで聴いた系統のものとは少し異質に感じるところがあり、音質の優劣は付け難い結果となりました。

 

ファイルを見てみると、RP-EC5-U3AIでリッピングしたデータ(USB2.0)は56,742,848Byteであるのに対し、PLEXTOR Premium2U/JPBでリッピングしたデータは56,742,958Byte、デスクトップPCは56,742,390Byteと僅かにサイズが異なっていました。

インターフェースの違いでしょうか。ファイルサイズと音質に因果関係があるのかどうかはわかりません。
次回はリッピングクオリティの改善法について書いてみたいと思います。

 

(関連記事)

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(1)

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(3)

リッピング用ドライブケースRP-EC5-U3AIを試す(終)

blog.jspcaudio.net/?eid=285

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode