<< AudioAccessory誌 166号 | main | QNAP HS-210-D クロック交換 >>
2017.08.28 Monday

電源基板・スイッチングハブの試作

試作分の基板があがってきましたので、組み上げてみました。

試作の状態でも想像を超える音質を得られていますので、これから無駄な部分を削って小変更を加えて正式発注です。

 

さて、この基板を使った新型のスイッチングハブの仕様設計も大詰めとなり、リリースまでの目処も見えてきました。

 

新型スイッチングハブの試作品です。

旧モデルと比較するとクリアさに大きく磨きがかかり、奥行きや幅が広がって見通しが良くなりました。

そこになめらかな深みが加わることで、よりアナログライクで濃厚な空間が浮かび上がります。

ここでは公開できませんが、ある試みが大きく貢献しているようです。

 

以下、おおまかな仕様です。

 

[オシレーター基板]

 TCXO(低位相雑音オシレーター)

 EMIフィルタ

 導電性高分子タンタルコンデンサ

 薄膜高分子積層コンデンサ

 SEコンデンサ

[超ローノイズ電源基板]

 TPS7A4700

 薄膜高分子積層コンデンサ

 PPSコンデンサ

 導電性高分子タンタルコンデンサ

 平滑コンデンサ×4

 

コンデンサ類は国産メーカー、その他は特性に優れたものをチョイスしました。

音質を追求するため、電源はスイッチングハブ用、オシレーター基板用にそれぞれ独立させました。

 

HFS1000を100点とするならば、試作モデルは120点をあげてもいい音質です。

 

・・・が、問題は販売価格です。

 

Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト

スタッフMの「なんちゃってオーディオ女子」
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode