<< オーディオアクセサリー銘機賞2017受賞 | main | 納期に関するお知らせ >>
2016.11.14 Monday

大阪出張

先日オーディオライターの御田照久氏とお会いしてきました。

 

御田氏はオフィス・オンダでのコンサート企画、各種執筆翻訳、音楽・オーディオ関係の仕事に従事されている方で、共同通信社のウェブサイトでの連載等もされています。

以前から弊社の製品に興味を持っていただき、やりとりをさせていただいている中で今回の訪問に至りました。

 

事務所に早速お邪魔すると、そこには一際目を引くオリジナルノーチラスが。

※転載の許可を得て掲載しています。

 

挨拶もほどほどに、持参した新型スイッチングハブ、システムエンハンサーをそれぞれ説明。

機材はもちろんパーツなどにも非常に知識の深い方で、自作もされています。

軽くパーツ談義などを交わしつつ、まずは現在のシステムを聴かせていただきました。

 

一聴してまずハイレスポンスな音に圧倒されます。スピーカー間が広くリスニングポイントも離れていますが、それを全く感じさせません。

2曲、3曲と聴き進めている頃にはすっかり虜になってしまいました。

パワーアンプ8台のマルチ構成とは思えない音の繋がり、濃さです。引き際の微妙な艶感も見事としか言いようがない、なんとも私好みの音。

そして特筆すべきは定位。音がリスニングルーム以上に広がるようで、まるで目の前の色が変わって見えているかのような感覚。なんとも凄まじい音でした。

 

ひとしきり堪能させていただいた後、いよいよ新型スイッチングハブとシステムエンハンサーを試聴いただきました。

 

以下、御田氏のfacebookページ11月9日付記事より転載

 

--

●JSPCについては皆さんもご存知の通り、かゆいところに手が届くようなユニークな製品やアクセサリーを製作し直販で安価に販売しておられます。
 以前から注目して、いろいろ連絡もさせていただいてたのですが、今回は来週リリースされるギガビットLAN対応のハブや仮想アース、LANケーブルをお持ちくださいました。

●従来からノイズの低減抑制を基本に100Base(100MHz)のハブを販売して来られたのですが、今回は将来を見据えてギガビットLAN対応ハブというわけです。音質命のオーディオマニアのことを考えて、実にユニークな配慮がなされています。
1.使いやすさを基本に、無調整ですぐに使えること。
 ユーティリティソフトなどで設定しに行く必要がなく、電源ケーブルを差し込めばすぐに動作します。
2.音質優先の基本仕様とオプション
(1)電源オンオフのLEDはベーシックモデルでは付けていないが、希望される方には低輝度でノイズを抑えたLEDをオプションでつけることが可能。
(2)LANポートのリンク表示LEDは音質のために点灯させない基本仕様。希望される方には表示モデルもご提供。
(3)輻射ノイズ抑制のため、ご希望に応じて本体内部に銅製シールド板をオプションで設置可能。
(4)内蔵電源はトランス式のリニア電源だが、シンプルな構成。パワートランジスタで出力されており大電流への対応を踏まえた仕様となっている。[共通]

●つまり音質命の方には、LEDなしで銅シールド板付きのモデルが推奨というわけだ。今回お持ちいただいたのはこの仕様のモデル。

●で、わが家のネットギアのハブで鳴らした後に、JSPCハブの登場と相成った。
 ノイズ感のない静けさから始まり、高域の抜けの良さがよく分かる。ややスリム傾向で高域方向の情報量が高い良い音だ。設定も何もなしで、つなぐだけでこれだけの音が出ればまず文句はないでしょう。価格的には従来の100Mハブを少し上回る程度に抑えるとのこと。
 高音質なハブを使いたいがPCでの設定などは面倒だ、という方にはドンピシャで向いていると思います。

●ひとしきり聞かせていただいて、次にハブに仮想アース「システムエンハンサー」を接続して聴いた。「四種の金属とアモルファスコアを使用することで、シールド(アースライン)のノイズ成分を減衰させ、導電性セメントを充填することによって更に減衰効果を高めました。」という内容です。USBの電源ラインに効果があるそうですが、今回はハブのアース端子に接続してみました。

●これが音質的にかなり効果があり、すっきりとして全体の見晴らしが良くなり、ディテイルがよく分かります。持ってみるとズシッと重いのに、これで予定価格2万5千円ほどとは相当に遊び甲斐がありそうです。わが家ではネットギアのハブにPlitronアイソレーショントランスやFSP電源アダプタを当てていますが、より低い価格で近い効果が得られるようです。しばらくお借りできることになりましたので、いろいろ試してまた結果をご報告します。

 

--

 

ハイエンド機器が並び相当に手の込んだハイレベルなシステムでどれだけパフォーマンスを出せるのか正直不安に思っていましたが、このように評価いただき安堵しているところです。

 

新しいスイッチングハブの公式発表は16日を予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。

コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト

スタッフMの「なんちゃってオーディオ女子」
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode