<< CAT7オリジナルLANケーブルのレビュー(2) | main | CAT7オリジナルLANケーブルのレビュー(4) >>
2015.11.03 Tuesday

CAT7オリジナルLANケーブルのレビュー(3)

前回に続き、以前モニター募集を行ったCAT7 オリジナルLANケーブルのレビューです。

 
試聴環境
NAS:QNAP TS119
LINN AKURATE DS/K 〜 JS PC Audio NH10間
 
音質(現行機材(SAEC SLA-500 0.7m)との比較)
A)SN比・・・良好(現行機材と同等)
B)音場の変化(左右への広がり)・・・良好(現行機材と同等)
C)定位(ボーカル)・・・良好(現行機材と同等)
D)ボリューム変化・・・若干減少
E)音程変化・・・変化無し
F)解放感・・・若干減少
G)精細感・・・極小音量時に減少
H)力感(アタック感)・・・増加

使用感
本製品の最大のデメリットとして、線材が硬すぎます。
特に「ねじり」がまったくできないので、当方のシステムにおいては、スイッチングハブ(NH10)を逆さに設置せざるをえなくなりました。
他のLANケーブル等が比較的柔らかかったため、ハブを逆さに設置することで、試聴は可能でしたが、他のケーブルの硬度如何では、試聴すら不可能となるところです。
特にネットオーディオ、PCオーディオにおいては、LANケーブルと接続するハブやルーターなどは非常に軽量なため、このような線材の硬いケーブルを使用すると、「浮き」が発生します。
よって、この製品をそのまま製品化する場合には、
‘鍛蹐燃胴愼者のLAN端子の挿入方向を指定していただき、各端子の向きを使用機材の向きに合わせ製作する
∪宿閉垢20〜30cm余裕を持たせたものを推奨する。
必要があります。
未対応ですと、機材に接続できないか、最悪の場合、機材のLAN端子を破損させる事態が危惧されます。

その他
「デザイン」については、端子・被覆材とも高級感あふれる仕様で、好感がもてます。

まとめ
音質については良好です。「力感」に特徴があります。特にウィークポイントもありません。
線材が超硬のため、機材との接続に問題が発生します。
LANケーブル(オーディオアクセサリー)とオーディオ本体の関係が逆転しているように感じます。「高級路線で特注オーダー対応品」としての可能性を感じます。


レビューありがとうございます。
やはり取り回しについてのご指摘をいただきました。このケーブルはねじることが出来ないので、販売の際は同じ向きの仕様と逆転仕様の2タイプをお選びいただけるようにする必要があるようです。
オリジナルLANケーブルのリリースは2015年11月中旬あたりを予定いたしております。
コメント
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode