2017.04.11 Tuesday

LANターミネーター試作

 

試作というより、ほぼ製品版です。

NLT1の後継モデルとしてリリースする予定の製品です。

スイッチングハブ、ルーター、PCやNASなどの空いたLANポート(RJ45)に挿してご使用いただく商品です。

ノイズの混入を防ぎ、ネットワークオーディオ環境においての音質を改善します。

 

 

内部に使用する小型の基板はオリジナルで製作。
耐久性や信頼性を確保するため、国内生産で金フラッシュ仕上げとしました。

NLT2はテレガードナー社のコネクターをベースに、真鍮削り出しのアースターミナルを設けました。

固定ビスはステンレス製を使い、全て非磁性体で仕上げています。
写真はBPC-01(Yラグタイプ)の取付イメージです

ケーブルを付けることで、アースや弊社のシステムエンハンサー(SE1-BP)、他社仮想アース製品などと接続が可能になります。

 

 

新しいLANターミネーターは5月初旬にリリースできそうです。
2016.10.07 Friday

FOCAL ELEAR ヘッドフォン

9月半ば頃予約して本日到着しました。

 

FOCAL ELEAR

FOCAL ELEAR (フォーカル イーリア)

 

マグネシウム合金の40mmドライバーを搭載したオープン型のヘッドフォンです。

もう一つ上のUtopiaとどちらにするか迷いましたが、今回はこちらをチョイスです。

 

FOCAL ELEAR

ヘッドバンドはレザー、耳をすっぽり覆うイヤーパッドは柔らか目のウレタンフォームにマイクロファイバーファブリック仕上げ。見た目はスウェードっぽく見えますが、触り心地や装着感は良好です。

ヘッドフォンハウジング部のコネクターは3.5mmの2極のプラグですから簡単にリケーブルできます。

 

事務所のアムレックAL-9628Dで試聴してみました。

すこしもっさりしてますが届いた状態でコレはかなりのパフォーマンスです。普段使いのFOCAL Spirit Classicとはレンジ、解像度ともに比較になりません。

濃密な中低域で音場も豊か。定位も素晴らしいです。

しっかりドライブできるヘッドフォンアンプと合せて使いたいところです。

下は5Hzまでいけるらしいので、これからエージングが進むに従って低域に深みが加わり中高域の艶が増してくるのかと思うとちょっとゾクゾクしてきます。

 

国内販売価格は16〜17万円程度とのことですが、これならもっと上のクラスのヘッドフォンにも充分対抗できるのではないかと感じています。

 

2016.07.01 Friday

AFS1販売終了と次期モデルについて

昨年3月の販売開始以来、とても好評をいただいているAFS1は在庫限りの販売となってしまいました。

販売終了となってしまった理由は、主要部品であるコモンモードチョークコイルの仕入れが困難になったことです。

代替品は簡単に見つかりませんし、同じクオリティの音になるとも限りません。

 

そこで新たに目を付けたのが「ナノ結晶合金コア」を使ったコイルです。

AFS1に使っていたフェライトコアよりも透磁率が高く、温度特性もバッチリという超すぐれものです。

少ない巻き数でインダクタンスがとれますから、耐電流を上げつつも小型化が可能です。が、とても高価です。

とは言いましても従来品に代わるものがなかなか見つからないため、これで試作してみました。

 

AFS1と比較した感想としては、「前後左右の音場が広い」、「ワイドレンジ」、「レスポンスが良く抜けが良い」という結果となりました。電源ケーブルを交換していて、当たりだったときの感触にとても似ています。

そういう訳でAFS1のアップグレード版ができたわけですが、販売価格の設定に迷ってしまいます。

 

価格はさておき、良いものが出来上がった訳ですが、パーツの生産から納品のリードタイムが非常に長く、海外製ということもあり、品切れとなった場合数か月お待ちいただくことになるかもしれません。

今月中旬にリリースできるように調整してまいりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

2016.04.23 Saturday

オールディスクリート電源基板


待ちに待ったPSU-X1用の電源基板が届きました。

制振性を高めるために基板の厚みは2.4mmとしました。
パターンの角は全て丸く仕上げています。

組み上げてみます。

なかなかいい感じです。
整流回路はSiCダイオード、平滑コンデンサは3,300μF×3としました。
出力電流は発熱の関係で1Aまでとなります。

さっそく開発用に使用しているバスパワーのDACで試聴してみました。
まずはそのまま試聴。
いつもテストで聴いている音です。低域はハリがなく、ボーカルはザラつきがあります。
まとまっているように聴こえますが、粒立ちや滑らかさは今一つです。

次に外部給電用ケーブルに交換して試聴です。
一聴してまずS/N感の良さを感じます。背景がぐっと静かになり、歯切れのいい音が浮かび上がります。
かき消されがちな繊細な高域に芯が通り、引き際の表現も良いです。
軽く喉を震わすような心地よい低域で、低域の輪郭を描く中域の実在感も充分。
これぞオールディスクリートの音です。

PSU-X1をお待ちの方、まもなくご案内ができるかと思います。もう少々お待ちくださいませ。
2016.04.08 Friday

スピーカー試聴記

先日、同じ県内にある城後仏壇仏具店へお邪魔させていただき、こちらで製作販売されているJOGO(http://www.jogo-speaker.com/)のTheBookを聴いてきました。
このスピーカーを知ったきっかけは福岡のローカル番組でした。
私以外にも福岡でオーディオ製品を作っていらっしゃる方がいることを知り、早速問い合わせてみたところ試聴をさせていただけることになりました。


TheBook / JOGO

試聴機は木材の香りのする広い試聴スペースの真ん中にありました。
試聴室の一角にはNmode社の1bitプリメインアンプ、ESPRESSIVO SOUND社のオーディオ専用PCがラックに据えられています。

試聴にあたってデータを持参させていただき、試聴用のソースを一通り聴かせていただきました。
SARA K./STARSやFriend 'N Fellow/One More Dayなどシンプルなソースを聴いてみると、このスピーカーの魅力が伝わりました。
木目が美しく、漆を使った丁寧な仕上げは仏壇作りの技術が生きてます。

オーナーは気さくな方で、製作や製品に対する思いやご自身のオーディオの概念など色んなことを教えてくださいます。
気になった方は是非一度試聴なさってみてはいかがでしょうか。


城後仏壇仏具店
〒834-0031 福岡県八女市本町304
0943-22-2337
 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode