2018.02.02 Friday

小型リニア電源 PSU-mini

 

本日5V用のAC-ACアダプターの試作品が届き、テストを始めました。

これがPSU-miniの全貌です。

グレードの位置づけとしましては、PSU-X1とPSU-R1のちょうど中間にあたります。

 

トランスのAC-ACアダプターから小型のアルミエンクロージャーに入り、DC出力となります。

電源基板はHFS1100と同じ超ローノイズICを使用したものがベースで、出力電圧は5Vと12Vの二種類、最大1Aとなります。

販売価格を下げるために一般的な平行線を使用したり、エンクロージャーはキャスト製を使用したりと虚飾を廃した地味な仕上りですが、中身はしっかりとしたオーディオ用リニア電源です。

 

(主な仕様)

・超ローノイズシリーズレギュレーター(TPS7A4700A)

・SBR(スーパー・バリア・レクティファイア)ダイオード

・導電性高分子タンタル固体電解コンデンサ、薄膜高分子積層コンデンサー、積層メタライズドPPSフィルムコンデンサなど高音質パーツを使用

 

(PSU-miniの用途)

・スイッチングハブ

・ルーター

・ONU(終端装置)モデムなど

・PC用カード(USB、NICなど)

・USBアイソレーター

・DAC、DDC(小型のもの)

・ヘッドフォンアンプ

・USBの外部給電

 

現在は12V版でSynology社のNAS DiskStarion DS115J(SSD)、5V版をUSB-029H2-RP(USBアイソレーター)でテストしていますが、いずれも非常に良い結果が出ています。

 

省スペースで高性能な電源をお探しの方、リリースまで今しばらくお待ちくださいませ。

 

2018.02.01 Thursday

極短USBケーブルの製作(縦45°タイプ)

 

前回の極短USBケーブルを公開いたしましたところ大変多くのお問い合わせをいただき、今回は縦方向に曲がったタイプの製作のご依頼をいただきました。

下図のようにラックに置かれたDACへアイソレーターを二つ経由して接続なさるとのこと。

設置状況が分かる写真を送っていただき、このように製作させていただきました。

横方向、縦方向、ねじれなど製作可能ですので、機器や環境に合せたものをご希望の際は事前にご相談くださいませ。

また、ストレート(全長約7cm)はオンラインショップのUOC2のオプションでお選びいただけるようにいたしております。

 

オリジナルUSBケーブル UOC2

2018.01.25 Thursday

ヒューズ交換の方法

 

弊社製スイッチングハブ(NH100、HFS1000、NH1100)およびアナログ(リニア)電源のヒューズが切れてしまった場合やオーディオグレードのヒューズへの交換をなさる場合、ヒューズホルダーは電源インレット部にございますのでこちらから交換下さい。

先の細いマイナスドライバーをご用意いただくとスムーズに交換いただけます。

 

電源ケーブルを抜いてください(リニア電源など電源スイッチ付きの製品の場合、必ずスイッチを切ってください)。

 

 

2.jpg

 

マイナスドライバーを入れ、テコの原理でドライバーをゆっくり倒していただくと

 

3.jpg

このようにスライドして引き出されます。

 

2017年11月中旬までの製造分につきましては、若干形状が異なります。

こちらは中央部に差し込んでください。

 

こちらも同じく先に説明させていただいた要領で引き出します。

新しいものと入れ替えていただき、押し込んでいただければ交換は終了です。

 

 

(ご注意)

※お客さまご自身によるヒューズ交換によって生じた製品の不具合や故障は保証対象外となりますので予めご了承ください

※弊社製スイッチングハブには以下のヒューズをお使いください

・NH100/HFS1000 0.5A

・HFS1000(アップグレード)/HFS1100 0.5Aまたは1A

 

2018.01.24 Wednesday

電磁波シールド塗装を試す

弊社においていくつかあるテスト環境のうち、ひとつはQNAP HS-210Dを使用しています。

 

前回の記事でクロックを交換した結果が良く、弊社のカスタマイズサービスのメニューに入りました。

 

クロック交換で非常に良い音で鳴ってくれますが、樹脂製パーツにシールド効果を持たせるといいのではないかと考え、試験的に「電磁波シールド塗装」を行ってみました。

 

使用したのは"銀コート銅粉"入りの塗料で、メーカーの製品説明には「100MHz〜1000MHzの電磁波を遮断する」とあります。

早速各パーツを分解し、シリコンオフで脱脂、マスキングして塗装。

 

各工程の画像は省略していきなり完成形です。

組み上げ後の筐体の天板側。白っぽい十円玉のような色でシールドされたさまに期待が膨らみます。

自動車の塗装と同じように捨て吹きから仕上げまでインターバルをとりながら塗膜が均一になるように吹き付けます。

特殊な塗料のため金属部への密着が弱いというところで、足付けを行ってプライマーも使用。普通のスプレーよりも吹き付けしにくく、思わぬところで自動車業界にいたころのノウハウが役に立ちました。

特にCPU周辺(ヒートシンクまわり)とストレージホルダーの内側は厚めに仕上げました。

 

樹脂製の底板もご覧の通り薄い銅色で、乾燥後表面にテスターをあてると導通が確認できました。

 

 

試聴してみます。

これは驚きです。全く別物のNASで聴いているかのような力強い音。ボーカルはくっきり浮き立ち、各楽器の分離が良く定位が素晴らしいです。

更に聴き込んでゆくと、S/Nが向上したためか音場の広がりがよく音の響きや余韻が心地よく感じられます。

 

効果は確実にありますので、例えばIODATA社のRockDiskNextなどの優秀なNASやプラスチック筐体のスイッチングハブ、ルーター(無線の場合はアンテナがあるもの)に施してみるのも面白いかもしれません。

まだまだ検証が必要な部分が多いのですが、今後弊社の製品にも積極的に取り入れてゆきたく思います。

 

2018.01.23 Tuesday

【重要】TPC-X1のオプション価格改定につきまして

お客さま各位

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
表記のとおりTPC-X1のオプション(JODELICAプラグ&コネクター)につきまして、メーカー小売希望価格が改定されることをうけ、「プラグ&コネクター変更オプション」の価格を見直すこととなりましたのでご連絡申し上げます。
今後もより良い商品とサービスの提供に努めてまいりますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

 

■価格改定時期
2018年2月15日(木)受注分より

 

■変更内容

オリジナル電源ケーブル TPC-X1
プラグ&コネクター変更オプション(JODELICA)
変更前:11,880円(税込)
変更後:13,824円(税込)

 

Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode