2017.07.19 Wednesday

ファンレス電源化

省スペースで手軽にファンレス電源環境ができるということで市場で人気の「picoPSU-160」。

ACアダプターなどから電源を供給するためのパネルマウント型のDCジャックが付いています。

おそらく耐電流は5Aだと思われます。

 

今回は大電流のACアダプターをセットしますのでジャックを取り外し、XT60という規格のコネクタに変更しました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ラジコンのバッテリーなどの接続に使われているもので、60Aが流せるすぐれものです。コネクター本体は熱に強いため、はんだ付けも簡単です。4mm程度の熱収縮チューブで絶縁しています。

大電流に耐えられるコネクターをお探しの方にはばっちりのパーツです。

 

5A以上のACアダプターをお考えで、見栄えと更に安定性をお求めの方(パネルマウントタイプをPCケースにビス留め)は産業用の丸型コネクターがお薦めです。

多少オーバースペックですが、こういうものを使用すればバッチリだと思います。

 

そういうことで今回は以下の構成を動かしてみました。

 

マザー:ASUS P8B75M

CPU:Intel Core i5 3330

メモリ:4G×2

ストレージ1:SSD

ストレージ2:HDD

拡張ボード:USB3.0、イーサネットボード、GeForce GTX1080ti

その他:水冷ユニット

 

ACアダプターは10Aを使用しました。

ちなみに上記の構成からHDDを外すと5Aでも動作します。

 

TDPが100W近いCPUでグラフィックボード、HDDまで動かしたい方なんてあまりいらっしゃらないと思いますが・・・。

気が向いたら実験用の電源で電流量などを見てみようと思います。

2017.07.04 Tuesday

HFS1000 販売終了のお知らせ

 

平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

さて、この度弊社では下記製品の販売を在庫限りで終了させていただく運びとなりました。

 

ネットワーク関連製品:HFS1000

 

販売終了に伴うご不便に関しまして、お客さまに深くお詫び申し上げると共に、引き続き弊社製品に一層のご厚情を賜りたく、お願い申し上げます。

 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

困ったことになりました。

HFS1000で採用しているスイッチングハブ基板のメーカーから基板のバージョンが変更になったとのこと。

これは大問題です。


これまで多くのスイッチングハブを見てきましたが、イーサネットスイッチIC、電源部、パルストランス、EMI対策などで音質が決まりますので、次のバージョンで別物になってると一大事です。

しかも弊社の在庫はあと数十台。お客さまのサポート分としてストックしておかなければいけませんので、HFS1000の供給はあと10台程度になってしまいました。

HFS1000には標準で±10ppmのクロックを使っていますが、これを超高精度なTCXOやOCXOに換装できるアップグレードモジュールキットを作って、飛躍的にパフォーマンスを上げる計画を実行しようとしてた矢先のことでとても残念でなりません。

 

バージョンアップ版をテストしてからとなりますが、HFS1000を超えられない場合は旧バージョンを再生産してもらう交渉からスタートし、折り合いがつかなければ新たに家庭用から産業用まであらゆる製品を調査してゆくことになりますので、製品化には少々お時間をいただくことになるかと思われます。

家庭用で見つかれば販売価格はあまり変えずに製品化できますが、産業用となりますとそれ自体が高価ですし電源から見直しになる可能性もあります。


もうほんとにハァ・・・です。

色んなメーカーさんもいいパーツなどは大量に確保しておくのが鉄則だと仰りますが、今回のHFS1000のベースモデルはとても優秀でしたので、1,000台単位で確保しておけばよかったと悔やんでいます。
本格的に自社で開発したほうがいいのか、このまま他社流用で行くのかそろそろ考えどころのような気もします。

2017.07.03 Monday

Stereo誌 2017年7月号

2017/6発売 Stereo(ステレオ)2017年7月号
P.148 オーディオの新常識 〜使い方を知る〜
・バーチャルアースのハイCPランキング

 

音楽之友社
http://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/stereo/
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


同誌1月号ではALC-X1、ARC2を掲載いただいておりましたが、掲載されていることをお客さまから教えていただくという何ともお恥ずかしい状況です。
さて、今回はボード型を含まない純バーチャルアース型製品において、CPランキング1位をいただきました。

SE2-BPはレコーディングスタジオやレーベルなどに続々導入されており、お買い上げいただいたお客さまからも大変ご好評いただいております。


システムエンハンサーについて少しだけ書き綴ってみます。


(接続)
・出力端子よりも入力端子への接続の方がより効果を得ることができます(BPタイプ)。
・PC用ディスプレイやテレビ、プロジェクターにご使用いただくと、発色が良くなります。
・スピーカーのマイナス端子への接続も効果があります(BPタイプ)。
・システムエンハンサーを二つ直列に接続すると更に効果を得ることができます(BPタイプ)。

(設置)
・付属のゴム足よりも真鍮スパイクを付けた方がより芯のある音になります。
・より低く安定するところへの設置(水平)をお勧めしています(機器上部<ラック<床)。
・縦にして置かれますと効果が半減します。
・システムエンハンサーを複数台重ねて設置されますと充分に効果が得られないことがあります。


さて、先日からアースケーブル「BPC-01S」の販売を開始しています。
BPC-02」ほどの解像度はありませんが、旧タイプの「BPC-01(SE1-BP付属)」よりもパフォーマンスは上がっています。
どうぞお試しくださいませ。

2017.06.28 Wednesday

BPC-01S 販売開始のお知らせ

平素は格別の高配を賜り厚くお礼申し上げます。

2017年6月30日よりJS PC Audioオンラインショップにて、アースケーブル BPC-01Sを発売いたします。

 

アースケーブル / BPC-01S

仮想アース製品などの接続に最適なケーブルです。

従来モデルのBPC-01(SE1-BP付属ケーブル)よりも高品質で安定感のあるケーブルに仕上げました。

機器との接続は以下の10種類からお選びいただけます。

 

 

[税込販売価格]
30cm 3,634円
50cm 3,780円
80cm 4,169円
1m 4,558円
1.2m 4,752円
1.5m 5,044円

 

2017年7月31日まで上記価格より10%OFFで販売いたします。


※システムエンハンサーは重量物のため、持ち運びにご注意ください。

※複数台のシステムエンハンサーをご使用になる場合、なるべく重ねないように設置してください。

※一台のシステムエンハンサーから複数の機器に接続するのはお止めください。

 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

前回リリースしたBPC-02は弊社のコンセプトから少し離れ、クオリティ重視で製品化しました。
リピートなさる方も多く、他社製の仮想アース製品でも良い結果を得られた方も多くいらっしゃいます。

さて今回のBPC-01Sは非常にトータルバランスがよいケーブルです。
SE2-BPはもちろん、SE1-BPとの相性も抜群です。是非お試しくださいませ。

2017.06.21 Wednesday

ディスカウントセールのお知らせ

お客さま各位

平素はひとかたならぬご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社は2017年6月23日よりJS PC Audioオンラインショップにてディスカウントセールを行います。

 

 

対象製品:UTX1、NLT2

割引率:10%

セール期間:2017年6月23日より7月9日まで


※受注が混み合った場合、商品のお届けに少々お時間をいただくことがございます。

※在庫の関係上、早めに終了させていただくことがございます。

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
links
JS PC Audio Accessories ウェブサイト

JS PC Audio オンラインショップ

JS PC Audio Facebookページ

JS PC Audio ヤフオクブース

JPLAY日本語公式サイト
JS PC Audio Blogへようこそ
日々の業務のことや試作、新製品のご案内から独り言まで色んなことを書いています。
ad
Selected Entries
Categories
Archives
Search this site.

Others
Mobile
qrcode